女性

小顔になる方法にトライ!【安全性があるのかをしっかり確認】

  1. ホーム
  2. 整形で手に入れる美しさ

整形で手に入れる美しさ

カウンセリング

理想の自分づくり

プチ整形という単語が流行したように、現代の整形は非常に手軽なものとなりつつあり、メイクやヘアカットの延長のように利用されている傾向があります。マツエクや眉ティントのように、メスや麻酔を使わなくてもできるオシャレの一環と考える人も多く、気軽に取り入れられる美容習慣とも言えるかもしれません。様々な整形手術がある中で、脂肪吸引や二重整形術も人気ですが、これらと同じくらい高い人気を誇る施術といえば小顔になる整形術です。小顔になる方法はいくつかあり、メスを使わず注射だけでできる簡単なものから、骨格から変えたかと思うほどしっかりと効果が出る本格的なものまで様々あります。基本的にこうした施術を受ける前には、必ず医師とのカウンセリングが行われ、どのような美容整形クリニックでも共通していることといえるでしょう。どんなフェイスラインになりたいのか、費用はどれくらい用意できるかによって選べる施術方法は決まってきますし、半永久的な効果かそれとも一時的な効果を求めるかによっても施術の内容は変わります。小顔になる方法がいくつもあるからこそ、その中から一つに絞って選ぶのには時間がかかりますし慎重に臨むことになるでしょう。施術の内容が決まったら実際の整形が開始されます、術後は医師の指示に従って通院することになります。場合によってはメイクや入浴が制限され、通院しながら経過を判断します。これが小顔整形の大まなか流れですが、気に入らない場合は再度やり直したり、効果が薄れてきた際には再度施術をしたりするということも珍しくありあせん。目的が同じであっても、肌質や体質、またもともとの顔つきなどによって選ぶべき整形方法は変わってきます。小顔になる方法の代表として知られるボトックス注射は広く一般に利用しやすく、麻酔も必要ない手軽な施術方法のひとつです。注射箇所と注入量を決めるだけなのでそれほど事前のカウンセリングも時間はかかりませんが、効果が半年〜一年ほどで薄れる可能性もあるため、半永久的な効果を求めるのであればあまり向いていないかもしれません。一方で、口の中からメスを入れ、骨や顎を削る整形は全身麻酔が必要なため費用も負担も高めと言えるでしょう。しかし小顔になる方法の中ではかなりの効果を発揮する施術で、顔の縦幅横幅を両方ぐっと縮めることも可能なので、かなりの実感を覚えることも可能です。ただし、レントゲンや骨の3Dモデルなどを制作して施術プランを練る必要があるため、やや時間がかかる可能性もあるでしょう。こうしたモデリングを使用して事前のシミュレーションやカウンセリングに時間をかけ、自分の要望と身体的な負担などを加味した上で施術の内容や削り度合いを決める必要があります。小顔になる方法は多様ですが、どれが自分にあうのかは全く異なります。少しだけ変えたいという場合には注射やリフトアップなどでも十分ですが、大きく変えたい部分がある場合にはメスや麻酔を使った施術を選択することになるでしょう。自分の本心を打ち明けられる医師を探し、丁寧に話を聞いてもらえるパートナーだと感じられたら、全てを任せて理想の自分を手に入れて見るのも良いかもしれません。